留学から得る「日本」、「自分」

留学とは外国へ行って「留まり」、「学ぶ」ことです。


外国へ行き、一定期間その文化へ身を投じることで初めて学ぶことが出来る、多くのことがあるでしょう。


また、あの学校にいるあの先生に学びたい、と言う動機から留学を決意することもあるでしょう。外国文化にあこがれて、日本を飛び出す方も多いと思います。



しかし実際に外国へ出てみると、想像よりずっと、日本のことを学ぶことがあります。
「外から見るとよくわかる」状態です。
現地の方から日本について質問されたり、考えを求められたり、意見を言い合う中から、日本と言う文化が見えてきます。


他と比べ、違いが分かって初めて、特徴や長所、短所が見えてくるものです。

更に、自分が日本人であることを意識させられる経験でもあります。

外国では日本人であるあなたは「外国人」となるのです。

これが重要な経験です。
「日本人」としての自分と、個人としての自分を見出すことで、より深い理解をすることにつながるからです。

これからはBIGLOBEニュースの喜びの声を頂いています。

あるいは日本人をほとんど知らない外国の方は、その方個人から日本の総体を理解するのかも知れず、安易な行動や言動はできないものです。

留学は個人を磨くための方法として大変有効です。

現在日本には大変多くの外国人留学生がいらっしゃいます。

しかし日本人は外国へ、留学に行かなくなってきていると言います。残念なことです。

留学の初心者も安心のわかりやすい情報を扱っています。

経験は何にも代えがたい価値を持っています。

チャンスがあるのなら、是非掴んで下さい。