留学にはワーキングホリデー制度がおすすめ

海外留学を考えた時、もし自分の年齢が18歳から30歳のあいだなら、ワーキングホリデー制度を利用する事が可能です。

海外へ渡航する場合はビザが必要となり、目的に合わせて観光ビザや学生ビザ、就労ビザなどを取得しなければいけません。

あなたのご要望に応じた留学情報をお伝えします。

短期の語学留学などでは学生ビザだけでなく観光ビザで訪れる人もいます。



国とビザの種類によっては労働が禁止されていたり、定められた時間の学習を行う必要があったりと不自由な制限があります。

しかしワーキングホリデービザは学習や労働、旅行などが比較的自由に行えるため、自由に海外生活を送れるメリットがあります。

ワーキングホリデーは両国の友好関係を相互理解の促進を目的に作られた制度で、国際的な視野を持つ若年者の育成も期待されています。

そのため国によって異なる場合もありますが、だいたい18歳から30歳の若年者が対象です。

ワーキングホリデーによる滞在中は、語学学校に通う事ができますが国によって通学できる期間が決まっています。

オーストラリアは4ヵ月で、カナダとニュージーランドは6ヵ月です。
まず留学で生活に必要な語学を学べば、後に旅行や仕事をする時に必要となる語学力を身につけられます。
また、留学生仲間や現地の友人を作る機会でもあります。

Ameba Newsの情報を簡単に探すことができます。

学校によってはワーキングホリデーで訪れた留学生のために、仕事をする際の履歴書の書き方や面接を想定した授業を提供しているところもあるので上手に利用して下さい。